千葉市で日本建築の歴史と伝統を守る木造建築在来工法の家なら佐藤屋建設へ

株式会社佐藤屋建設

フリーダイアル
お問い合わせ

手作りのこだわり 佐藤屋の木造建築在来工法の家づくり

日本建築の歴史と伝統を守る在来工法

手刻み(てきざみ)の意義

手刻み(てきざみ)の意義
手造りのこだわり 手造りのこだわり

職人時代に培った宮大工としての技能・知識を持って伝えられる日本の伝統的な工法によって、こだわりの建物が造りあげられます。
佐藤屋建設では、すべての柱に無垢材を使用しています。
その1本1本に個性のある木を見定めながら手作業で加工していきます。
これは、日々の職人技術を磨くことにもつながると考えるからです。

佐藤屋建設では、大工の登竜門である手刻みによる加工を基本に、
たとえ金物を使用しなくても現存している神社・仏閣の力強い構造体のように職人技術によって本当の意味での高耐震住宅を提供しています。

手刻み(てきざみ)の意義

建築市場において、今や80%がプレカットという現状に寂しさを感じ、たとえ時代に逆行する形になったとしても、一本一本「手刻み」にこだわり、その家に合った木材を造り上げていく…。そのような歴史と伝統を守る事こそが私たちの役割だと考えるのです。
手刻みとは、作業場で黙々と木材と向き合う、一見地味な作業に思われます。
しかし、これこそが木造住宅の真骨頂であり、最も大切な工程であると考えます。

手刻み(てきざみ)の意義
手刻み(てきざみ)の意義
手刻み(てきざみ)の意義
作業場
作業場
作業場

木も人間と同じで、一本一本が個性を持っています。
それぞれの木の個性を見極める作業には、機械による加工(プレカット)ではなく人間による技術が必要であると私たちは確信しております。
柱の向きや梁の向き、木の反り具合を見て、一つ一つ違う木のクセ(曲がり等)を読んで墨付け後、加工していきます。
木材の段階から手作業で。これが本当の手作りの家だと考えます。

作業場
作業場
作業場